社葬・合同葬等、企業と行うお葬式

企業の取締役や代表者などが亡くなった際、また社員の方が殉職した場合などに企業が行うお葬式が社葬であり、遺族と企業がともに行うお葬式が合同葬というお葬式です。社葬にしても合同葬にしても基本的に規模が大きなお葬式となるため、準備にも時間がかかり、通常のお葬式よりも日程が先延ばしになることもあります。

企業の代表者、取締役などが亡くなった場合、社葬は次期代表のお披露目の場となることも多く、また関係企業や関係者なども多くなるため、お葬式はより大規模なものとなることが多いです。準備に時間を要することもありますが、急いで準備を進めていくことも必要となるため、社葬も合同葬も骨の折れる作業となります。

最近はこうした大きな社葬を行う前に、家族、親族などで密葬を行い、その後、本葬、お別れの会などを特別に行うこともあります。遺族としても最後のお別れを故人とじっくり過ごしたいと希望されることもありますし、また亡くなった方が密葬や家族葬でのお葬式を望まれることも多く、その場合、企業としてお別れの会を設けたり、本葬という形でお葬式を大々的に行うこともあります。いずれにしても企業規模が大きいほど、お葬式の準備は大変になります。