昔ながらの一般的なお葬式

一般葬と呼ばれるお葬式は、昔から行われてきたお葬式の形です。地域によっても色々儀式の内容等に違いがありますが、一般的に通夜、告別式を執り行うお葬式となります。お葬式には、遺族、親族、さらに故人の仕事関係者、親しくしていた友人や隣近所の方などが訃報を聞いて会葬するものです。亡くなったことを広く知らせることで、多くの人に最後のお別れに来てもらうことができます。

こうした一般葬はお葬式の中でも古くから日本で行われてきたものです。地方に行くとお葬式の方法、しきたりなどが強く根付いていることもあり、形通りに昔ながらのお葬式をすることも少なくありません。通夜で行うべきこと、告別式で行うべきこと、また亡くなった方が身に着けるもの、棺に納めるべきものなどが決まっているところもあります。

通常、亡くなってから葬儀社に依頼し、通夜、告別式のスケジュールを立て、知らせるべき方に訃報、お葬式の日程、会場などを伝えます。後に通夜が執り行われ、通夜振る舞いがあり、翌日に告別式、出棺して焼き場に行って荼毘に付されるという流れです。最近は忙しい方にまた初七日で来てもらうことも大変だということから、告別式の際に初七日の儀式まで済ませるお葬式が多くなっています。