今多くなっているお葬式、家族葬

最近特に多くなっているお葬式の形が家族葬というお葬式です。通常、家族葬は家族のみで行うものと認識されていることが多いですが、その形は遺族それぞれで考えることができ、身内だけということもありますし、友人や親しかった親類を数名呼ぶこともあります。一般的に少人数のお葬式となるのが家族葬です。

10人から多くても30人程度のお葬式となることが多く、一般的なお葬式とは違い費用を低く抑える事ができるというメリットがあります。ただお葬式の内容としては一般葬と同じで、通夜から告別式を行う流れです。会場の作り方やお葬式の祭壇作り、流れなどを遺族が決めることもできるため、自由度の高いお葬式になります。

生前忙しく家族との時間を持つことが難しかった方が、最後くらいは家族だけで過ごしたいと願うこともあります。また病気であったため、自宅に帰宅する事がかなわず、最後の時間くらいは自宅で家族とともにゆっくりしてほしいと遺族が家族葬を選択することも多いです。こうしなければならないという決まりもないため、遺族が納得のいくお葬式になりやすいというメリットがあります。また周囲の方に参列することによる気遣いを減らすことができるお葬式です。