1日葬や直葬というお葬式の形

お葬式は通常、通夜があり告別式を行うため、最低2日間行われます。しかし、このうちの通夜を行わない、また簡略化する形で告別式のみを執り行うものもあり、これを1日葬といいます。1日で終わる式という印象がありますが、準備などもあり、焼き場の都合なども関わってくるため、儀式としては1日でも準備に数日かかることがあります。ただ、儀式として通夜を行わず告別式だけを行うお葬式は1日葬です。通夜を行わないお葬式となるため、通夜で費用がかかる通夜振る舞いの飲食代などが必要なくなります。お葬式の飲食費用はかなりかかるため、これがないということで費用を安く抑えることができるお葬式の形です。

この他に、現代多くなっているといわれる直葬という形のお葬式もあります。直葬は通夜式も告別式も行うことなく、火葬のみを行うお葬式です。家族によっては前日を仮通夜として執り行うこともあります。1日葬も費用を低く抑えることができるお葬式となりますが、直葬は通夜式、告別式等がなく、火葬のみ行うためお葬式の中でも最も費用がかからないお葬式です。

昔ながらの儀式を略することになるため、遺族、また親類の中にはこうした直葬をよしとしないこともあります。また遺族は故人との時間をしっかり持つことができずに後悔することもあるため、直葬にして後悔しないかどうかを自身で決定することが必要です。