お葬式のスタイルを理解しておこう

現代のお葬式の種類は様々

現代のお葬式の種類は様々 大切な方が亡くなり、その後、遺族が亡くなった方を送り出す儀式が一般的にお葬式と呼ばれるものです。お葬式の形は今多様化しており、家族それぞれが故人への思いをのせて行う式が多くなっています。現代は核家族化が進み、式についても各家庭の事情を踏まえて行うことが多くなっているため、家族葬などの新しいお葬式のスタイルも誕生しました。どのような式にするのか、昔ながらの式を行う必要がある遺族もいると思いますが、最近は家族が故人の生前の姿、生き方をあらわすような式を行なうケースも多くなっています。

故人の家族、身内が行うことが一般的な式ですが、親類縁者との付き合いが希薄となっている方も多く、その場合、顔も見たことがない方のお葬式を行うことになる方もいます。例えば遠い親戚にあたる方が孤独死し、親類を探し遺体の引き取りをお願いされることもあります。この場合、本来行うお葬式の儀式、通夜、告別式などを行わず、火葬のみとすることもあり、また近しい人の式でも経済的な困窮状態にある家族が火葬のみの式、いわゆる直葬を選ぶことも多くなっているようです。式の形はそれぞれの事情や考え方によるもので、現代はもともとあった式の形にとらわれることなく、故人らしく行う式にすることも多くなっています。ただ、現代どのような式の種類があるのか、これを理解していないとどのような式にすべきか判断がつかないこともあります。

少子化も大きな社会問題となっていますが、兄弟姉妹がいない一人っ子という方も多く、遺族にできる限り負担を負わせないように、自身の終活の中で最後の儀式をどうするか、遺言として残す方も多くなっています。盛大な式は必要ない、家族葬として身内だけの式にしてほしいなどの遺言を残すことで、遺族への負担をできる限り少なくしようとする故人もいます。

タレントさんや著名な方が亡くなったと報道される時、すでに式を終えていることも多く、この場合も家族葬を選ぶ遺族、また故人の遺言が多くなっているのです。亡くなってから24時間は火葬ができないなどの法律で定められていることはありますが、お葬式の形、儀式をこうすべきという法律はありません。遺族が希望する式、また故人が希望していた式をどのように行うか、現代行われているお葬式の種類をよく理解し、納得のいく式をあげる事ができるようにしたいものです。現在は柔軟なお葬式が多くなっているため、葬儀社と相談しながら決めるのもおすすめです。

トピックス